少林寺拳法の思想

開創の動機と目的

『少林寺拳法』は1947年、香川県多度津町にて宗道臣が創始しました。
宗道臣は中国・満州での壮絶な戦争体験から、全ての物事が人によってなされる以上、その人の質によって物事は良くも悪くも影響してしまうという『人の質』の大切さに気づきました。
敗戦後に帰国した宗道臣は、不正と暴力が白昼横行していた国内の状況に強い怒りと悲しみを覚えました。そして、祖国を復興させるためには、自信と勇気と行動力を持つ、質の高い人間を一人でも多く育てる以外にないと確信し、人生を『人づくり』にかけようと志しました。
宗道臣は、『人の質』を高めるための、最も理性的で、しかも人間性の深さを究明し、物心両面の安らぎを得られる教えは、『釈尊(仏陀)の正しい教え』であるという考えに至りました。

強い心と鍛えた身体・自信と勇気

そして、『人づくり』を進めていく上で、自身が若い頃に情熱を燃やすことのできた拳技を整理再編し、二人一組を主体としてお互いに高めあえる新しい修行法を取り入れ、道を説き始めたのです。
宗道臣は、頼れる自分を養うことが重要であるという釈尊の自己確立の教えと、困難に出会っても諦めずに立ち向かうという達磨大師の不撓不屈(※)の精神を説いていくことで、強い心と鍛えた身体、更には自信と勇気を養わせことができると確信しました。
そして1951年、『少林寺拳法』と名づけた拳技を主たる行とし、『人づくりによる国づくり』を目指す宗門として、『金剛禅総本山少林寺』を開創しました。以来、数多くの拳士が金剛禅総本山少林寺の門を叩き、『人の質』の向上を図り、地域社会の発展に向けて活動を続けています。
※※不撓不屈(ふとうふくつ)…どんな困難にあっても決して心がくじけないこと。

金剛禅

少林寺拳法創始者・宗道臣(1911-1980)は、自身の戦争体験の中で「自分さえよければ・・・」と人間同士が傷つけ合う姿、また敗戦後の混乱の中で夢も希望も失った多くの青少年の姿を目の当たりにしました。そこで、「半ばは自己の幸せを、半ばは他人の幸せを」の信念を持って行動できる人を一人でも多く育てることで、平和で豊かな社会を目指すことを決意し、金剛禅を創始しました。 その修行法は、仏教の祖・釈尊が説いた教え(生きる智慧)を、禅宗の祖・達磨大師が遺した修行のあり方をヒントに、身体と心を同時に高める独自の体系として宗道臣がつくり上げたものです。自己を確立し、他人をも大切にする心を養い、そして地域・社会に積極的に貢献する人間を一人でも多く育てることを目的としています。

道院

金剛禅総本山少林寺の地方における布教・教化育成の機関で”身心の修行場”、生活や社会の中で金剛禅の教えを実践するための学びの場です。身心共に充実した日々を送り、豊かな人生にしませんか? 道院には男女を問わず高齢者の方から親子、家族、異なる業種の方が集い、幅広い人間関係が築けます。どんな方でも、いつからでも生活のスタイルに合わせて学べます。