2021年だるま祭

2021年10月19日、水戸葵道院でだるま祭が行われました。
達磨大師は、いまからおよそ1500年前に、 インドから中国河南省の嵩山少林寺に渡り、 釈尊の正しい教えと、その行法(座禅行・易筋行=拳法)を 伝えたという人物で、金剛禅総本山少林寺の本尊でもあります。 達磨祭は、その祖師達磨大師の命日(10月5日)の前後に行われます。10月25日で少林寺拳法は74年目を迎えます。拳士一人ひとりが決意を新たにしました。

令和3年新春法会

令和3年1月12日、新春法会が行われました。

少林寺拳法健康プログラムでウォーミングアップの後に、動画を見ながら単演の確認をしました。
その後、密にならないように気を付けながら相対で修練を行いました。
修練後の新年法会では、今年1年の取り組みの姿勢を新たにしました。


少林寺拳法健康プログラム

水戸葵道院の火曜日の修練で、ウォーミングアップに「少林寺拳法健康プログラム」を取り入れてみました。少林寺拳法健康プログラムとは、健康で心豊かな人生を送るために、老若男女問わず、だれにでも気軽に、楽しむことのできる“少林寺拳法のエッセンス”を抽出し、再構築したプログラムです。

リズミカルに身軽に動くのは難しいものですね。