少林寺拳法の修行の内容
少林寺拳法の修行では、技法の修練(易筋行)を中心に、鎮魂行(教えの唱和と座禅・呼吸法)、作務(掃除など)、学科(教えの理解)や指導者による法話(講話)、地域社会への奉仕活動などが行われています。
(少林寺拳法グループホームページより「なぜ少林寺拳法Why?」)

水戸葵道院の作務の様子を紹介します。

ピカピカの床で修練するのは気持ちいいですよ。

カテゴリー: 教え

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。