金剛禅とは

金剛禅

少林寺拳法創始者・宗道臣(1911-1980)は、自身の戦争体験の中で「自分さえよければ・・・」と人間同士が傷つけ合う姿、また敗戦後の混乱の中で夢も希望も失った多くの青少年の姿を目の当たりにしました。そこで、「半ばは自己の幸せを、半ばは他人の幸せを」の信念を持って行動できる人を一人でも多く育てることで、平和で豊かな社会を目指すことを決意し、金剛禅を創始しました。 その修行法は、仏教の祖・釈尊が説いた教え(生きる智慧)を、禅宗の祖・達磨大師が遺した修行のあり方をヒントに、身体と心を同時に高める独自の体系として宗道臣がつくり上げたものです。自己を確立し、他人をも大切にする心を養い、そして地域・社会に積極的に貢献する人間を一人でも多く育てることを目的としています。

道院

金剛禅総本山少林寺の地方における布教・教化育成の機関で”身心の修行場”、生活や社会の中で金剛禅の教えを実践するための学びの場です。身心共に充実した日々を送り、豊かな人生にしませんか? 道院には男女を問わず高齢者の方から親子、家族、異なる業種の方が集い、幅広い人間関係が築けます。どんな方でも、いつからでも生活のスタイルに合わせて学べます。